思春期ニキビの治し方~高校生・中学生ニキビをどうやって治す?

ニキビ跡の対策はどうすれば良い?

ニキビができた時、アクネ菌によってニキビが炎症すると、ニキビ跡ができやすくなります。ニキビ跡の対策のためには、どのようなお手入れをしたら良いのでしょうか。

ニキビができたらアクネ菌の対策を取る

ニキビ跡が残る原因のひとつに、アクネ菌の働きがあります。アクネ菌は皮脂を好んで増殖し、ニキビを炎症させます。ニキビが炎症を起こす前に、アクネ菌の対策を取ることで、ニキビ跡の予防をすることができます。ニキビができた時は、できるだけ早めにアクネ菌に対応する化粧品などを使用するようにすると良いでしょう。

洗顔はお肌のターンオーバーを促す大切なもの

洗顔は、お肌の汚れや余分な皮脂を落とすだけではなく、お肌のターンオーバーを促す大切な働きを持っています。正常なお肌の状態であると、約28日で新しいお肌に生まれ変わるという、肌サイクルを繰り返しています。洗顔が正しく行われていない場合、お肌のターンオーバーがうまく働かずに、角質が厚くなることで、毛穴が詰まりやすくなります。さらに、ニキビ跡が残ってしまった場合、なかなかニキビ跡が消えないということも起こりえます。毎日の中で、丁寧な洗顔を心掛けながら、お肌のターンオーバーを促して、ニキビ跡の対策を取るようにしましょう。

化粧品によってお肌のターンオーバーを促す

お肌の再生を促す方法の中に、ピーリング効果のある化粧品を使用するというものがあります。ピーリングは、洗顔料を通して行うことができるものもありますが。ニキビができている時は、ピーリングはお肌に刺激が強い場合もあるため、おすすめできません。お肌のニキビが治っており、ニキビ跡だけがある状態であれば、ピーリングでお肌のターンオーバーを促し、ニキビ跡の改善対策を取ることができます。ピーリングは、お肌の表面の余分な角質を取り除く効果を期待することができるため、それぞれの製品によって、使用頻度を守りながら、お肌の再生をサポートすると良いでしょう。

↑ PAGE TOP