思春期ニキビの治し方~高校生・中学生ニキビをどうやって治す?

皮脂をしっかり取り除きながら保湿を十分にするには?

お肌が乾燥すると、お肌を守るために、皮膚は過剰な皮脂を分泌しようとします。思春期のニキビは、ホルモンのアンバランスが原因となって過剰な皮脂を分泌しますが、思春期のニキビができやすい時期にお肌が乾燥すると、ますますニキビが増えてしまいます。皮脂をしっかり取り除きながらも、十分に保湿をするには、どのようにしたら良いのでしょうか。

保湿効果の高い洗顔料で洗顔をする

思春期のニキビが気になっている方の多くは、洗顔料を選ぶ時に、皮脂をしっかり取り除き、どちらかというと、さっぱりとした使用感の洗顔料を選んでしまいがちです。お肌の乾燥を防ぎながら、しっかりと皮脂を取り除くことを考えた場合、洗顔料に保湿成分が配合されているものを使用すると良いでしょう。保湿成分が配合されている洗顔料なら、洗顔をするたびに、お肌に潤いを与えることができます。保湿成分が配合された洗顔料の中には、お肌に優しい使い心地でも、毛穴の奥まで汚れや皮脂を吸着するものもあるので、余分な皮脂はしっかりと落とすことができます。

洗顔をする時にはたっぷりと泡立てる

思春期ニキビが気になっている方の中には、洗顔の仕方が間違っていることで、お肌が荒れてしまうことがあります。洗顔をする時に、洗顔料をよく泡立てずに、洗顔料をそのまま顔に擦りつけるようにして洗顔をすると、お肌が乾燥する上に、余分な皮脂をしっかり落とすことができないため、ニキビが悪化してしまうことがあります。洗顔をする時は、たっぷりと泡立ててから、その泡を使って、洗顔をして、毛穴の奥に詰まった汚れや皮脂を落とすようにしましょう。

洗顔後に十分に保湿をする

ニキビが気になっている方の中には、洗顔後に、十分な保湿をされない方がいらっしゃいます。洗顔後は、何もつけない方がべたつかないから良いのではないかというのは、大きな間違いです。お肌の保湿を十分に行わないと、お肌の防衛機能から、皮脂の分泌量が多くなってしまうのです。しかし、十分に潤っているお肌であれば、皮脂の分泌も正常になるため、余分な皮脂が毛穴が詰まることを防ぐことができます。

↑ PAGE TOP