思春期ニキビの治し方~高校生・中学生ニキビをどうやって治す?

思春期ニキビの原因と種類

ニキビになる原因には、様々なものがあります。思春期ニキビは、顔以外に背中などにできる場合もあり、なかなか治りにくいと言われていますが。思春期ニキビの原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

思春期ニキビの原因

思春期は、体内で成長ホルモンが活発化している時期でもあり、男女とも、ホルモンの状態が不安定になります。成長ホルモンの働きが活発化すると、身体が皮脂をより多く分泌するようになります。皮脂腺から過剰に分泌された皮脂は、毛穴に詰まりやすくなり、それがニキビの原因となってしまうのです。ニキビの症状には、段階があり、炎症が酷くなってくると、ニキビが治りにくくなったり、ニキビ跡になってしまうこともあります。さらに、常在菌と言って、通常の状態でも多くの菌が皮膚上にいますが。常在菌の中でも、アクネ菌は皮脂を好む菌であり、皮脂が過剰に分泌される部分でアクネ菌が増殖すると、ニキビが炎症を起こしやすくなります。

思春期ニキビの種類

思春期ニキビは、皮脂が過剰に分泌されることが原因となって、ニキビが炎症を起こしやすいという特徴を持っています。ニキビの症状が軽いうちに上手に治すことができれば問題ないのですが。アクネ菌が繁殖すると炎症を起こしやすいため、注意が必要です。白ニキビは、皮脂が詰まっている状態ですが、まだ炎症を起こしておらず、この段階でニキビを治療すれば、ニキビも治りやすいかもしれません。赤ニキビは、アクネ菌によって炎症を起こしている段階のニキビなので、皮膚にかなりのダメージが与えられている状態です。赤ニキビの段階から、さらに症状が進行すると、ニキビが化膿してしまうので、このようになる前に、早めに治療する必要があります。ニキビをつい指先で触ってしまったり、気になるからと言って早い段階で潰してしまうと、ニキビ跡になってしまいます。ニキビができてしまった場合は、指先で触らないように注意しながら、速やかに適切なお手入れを心掛けるようにしましょう。

↑ PAGE TOP