思春期ニキビの治し方~高校生・中学生ニキビをどうやって治す?

思春期ニキビのお手入れの注意点

これまで、あまりできることのなかったニキビが、突然増えた場合、どのようなお手入れをしたら良いのか、戸惑うこともありますよね。思春期のニキビのお手入れは、どのようなことに注意をしたら良いのでしょうか。

皮脂の取り過ぎに注意する

ニキビのお手入れをする時に、余分な皮脂をしっかりと取り除くことが大切ですが。それと同時に、お肌に十分な潤いを与える必要があります。お肌に潤いが不足していると、乾燥からお肌を守ろうとする、お肌の防衛機能により、皮膚は皮脂を多く分泌するようになってしまいます。皮脂を取り過ぎことで、さらに、皮脂の分泌が増えるのでは、せっかくのお手入れも意味がありません。皮脂の取り過ぎに注意をしながら、お肌の水分と油分のバランスを、しっかり取るようにしましょう。

間違った洗顔のやり方に注意する

正しい洗顔の方法は、洗顔料を十分に泡立てた後、泡を使って、毛穴に詰まった汚れをしっかりと取り除くようにします。洗顔料を泡立てずに、洗顔料そのものをお肌に擦りつけても、汚れや皮脂をしっかりと落とすことはできません。洗顔をする時には、弾力のある、生クリーム状の泡を作るように心掛けて、優しく丁寧に洗顔をするようにしましょう。洗顔後のすすぎは、皮膚の表面に洗顔料を残さないように、しっかり行うようにしましょう。髪の生え際などは、特に泡が残りやすいので、意識的にすすぐようにすると良いかもしれません。

洗顔中や洗顔後に十分な保湿をする

洗顔料の中には、皮脂を取り過ぎるようなものもありますが。あまりにも皮脂を取り過ぎるもので洗顔をすると、お肌の水分と油分のバランスが崩れる場合があります。洗顔料は、お肌の不必要な皮脂を取りながらも、保湿成分配合で、お肌に優しい成分で作られている洗顔料を使用するのが望ましいかもしれません。洗顔の際に、お肌に水分を補うことができれば、お肌の水分バランスを崩すことなく、汚れや余分な皮脂を洗い流すことができます。さらに、洗顔後は、お肌に十分な潤いを与えて、お肌を乾燥によるニキビから守りましょう。

↑ PAGE TOP