思春期ニキビの治し方~高校生・中学生ニキビをどうやって治す?

思春期ニキビの治し方・治す方法

思春期ニキビは、体内のホルモンバランスの乱れが原因となっているため、思春期ニキビの治し方としては、過剰に分泌される皮脂にアプローチするという方法が一般的です。思春期ニキビを治すにはどのようにしたら良いのでしょうか。

思春期ニキビを改善するには毎日の洗顔が必須

思春期ニキビは、毎日のお手入れを通して、過剰に分泌される皮脂を取り除くことが大切です。皮膚にとって、ある程度の量の皮脂は必要ですが、過剰な皮脂は、毛穴に詰まりやすくなるので、できるだけ余分な皮脂を、洗顔で洗い流すようにすると良いでしょう。ここで大切なポイントは、皮脂を取り除きたいからといって、過剰に皮脂を洗い流してしまうような洗顔料を選ばないようにすることです。洗顔料によって、皮脂が過剰に取り除かれてしまうと、お肌が乾燥して、お肌の防衛機能によって、皮膚が皮脂を多く分泌しようとします。せっかく、洗顔で皮脂を取り除いても、これでは、ますます皮脂が毛穴に詰まりやすくなってしまいます。洗顔料の中には、皮脂を取り除くと同時に、お肌をしっかりと保湿するものがあります。洗顔をするたびに、お肌に潤いを与えることができれば、皮膚の水分と油分のバランスを取ることができるため、ニキビができにくくなります。洗顔は、できるだけ、お肌に負担がかからないもので、優しく洗い上げるようにしましょう。

洗顔料で毎日顔を洗うだけで治るの?

思春期ニキビは、ホルモンバランスによる過剰な皮脂分泌によってアクネ菌が繁殖する事で大量発生します。ですので、洗顔料を使ったケアは正にその原因である皮脂を取り除く事ができます。また、nonAのようなニキビ用洗顔石鹸なら、ホルモンバランスを整える効果や保湿効果もあるため、高校生や中学生の過剰な皮脂分泌を抑えてくれる効果もあります。

思春期ニキビが治らない・・・と悩んでいる人はクレアラシルとかプロアクティブなんかを使っているけど洗顔料は適当に家にあったものを使っていたり、そもそも毎日洗顔するのが面倒でやっていなかったりという人が多いです。

しっかりとしたニキビ用の洗顔料を使えば毎日顔を洗うだけでも驚くほどの効果があります。思春期ニキビは、洗顔料による毎日のお肌のお手入れを基本としながら、日々の中で、予防や改善を心掛けると良いでしょう。

思春期ニキビを治す洗顔料の選び方

思春期ニキビを改善するためには、毎日の洗顔は必要不可欠なものです。思春期ニキビを治す洗顔料を選ぶ時、どのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。

余分な皮脂を取り除いて潤いを与える

思春期ニキビを治すためには、過剰に分泌される皮脂が、毛穴に詰まらないようにすることが重要です。思春期は、体内のホルモンの働きによって、どうしても皮脂が過剰に分泌される時期ですが、毎日の洗顔によって、余分な皮脂を洗い流すことができます。洗顔料の中には、毛穴の奥までしっかりと洗顔料の成分が届いて、皮脂をしっかりと取り除くことができるものがあります。さらに、皮脂を取り除きながらも、潤い成分が配合されていることにより、洗顔のたびに潤いを与えて、洗顔後のお肌の乾燥を防ぐようなものがあります。このような洗顔料を選ぶことによって、余分な皮脂を取り除きながらも、お肌の保湿を促し、お肌の油分と水分のバランスを取ることができます。

アクネ菌の働きを抑える

思春期ニキビが炎症を起こしてしまう原因は、過剰に分泌された皮脂によって、アクネ菌が繁殖するからです。ニキビが気になっている場合には、毎日のお手入れによって、ニキビを炎症させるアクネ菌の働きの対策を取る必要があります。洗顔料の中には、アクネ菌の増殖に働きかけて、お肌をサポートするものがあります。このような洗顔料を選ぶことで、ニキビの炎症に関する対策を取ることができます。

自然由来の成分からできている

ニキビができているお肌は、とてもデリケートな状態です。通常のお肌よりも、デリケートであるために、使用する洗顔料によっては、お肌に刺激を与えてしまうことがあります。洗顔料の中には、自然由来の成分から作られた、お肌に優しいものがあります。さらに、自然の成分の中には、お肌に優しく作用して、ニキビが気になっている方をサポートするようなものがあります。このような洗顔料を選ぶことで、思春期ニキビでデリケートになっているお肌でも、毎日の洗顔を通して、余分な皮脂をしっかり落とすことができます。

思春期ニキビの保湿の重要性

ニキビができる原因には、皮脂の過剰な分泌が関係していることは、広く知られていることですが、お肌が乾燥していても、ニキビができることをご存知ですか?思春期のニキビにとっても、保湿は重要な役割を果たします。

乾燥は肌トラブルの原因となる

お肌が健康な状態である時は、水分と油分のバランスが取れています。ところが、お肌が乾燥すると、様々な肌トラブルを誘発する原因となってしまいます。そのひとつに、ニキビが挙げられますが、通常、余分な皮脂が毛穴に詰まることによってニキビとなりますが、乾燥すると、お肌に備わっている防衛機能が働いて、皮脂の分泌量を増やして、乾燥からお肌を守ろうとします。しかし、乾燥が原因で分泌された皮脂が毛穴に詰まることによって、ニキビとなってしまうのです。つまり、皮脂の分泌が原因となっているニキビは、皮脂を取り除くだけではなく、同時に保湿を十分に行う必要があるのです。

ニキビが増える原因のひとつである肌の乾燥

思春期にニキビができると、多くの方が、余分な皮脂を取り除くことだけに力を入れてしまいます。使用する洗顔料も、皮脂を取り除く働きが強いものを使用したり、洗顔後、お肌が乾燥しているのにも関わらず、さらに、皮脂を抑える働きの強い化粧水を使用したり。お肌にはある程度の皮脂が必要なのにも関わらず、そういったニキビのお手入れを続けていくうちに、皮脂を過剰に取り除き過ぎることもあるようです。その結果、お肌が乾燥することによって、お肌の防衛機能から皮脂が多く分泌され、さらにニキビが増えてしまうことがあるのです。

ニキビには十分な保湿も必要

ニキビができている時こそ、十分な保湿が必要となりますが。お肌に潤いを与えることで、様々なメリットがあります。まず、お肌が潤っていることで、乾燥が原因となっている皮脂の分泌を抑えることができます。さらに、お肌の水分と油分のバランスが取れていれば、お肌の代謝も正常なサイクルに整うため、毛穴に皮脂が詰まりにくくなり、ニキビを防ぐことができます。それだけではなく、お肌が十分に保湿されていると、外部の刺激から、お肌を守ることができるので、ニキビ以外の肌トラブルを未然に防ぐことができます。

↑ PAGE TOP